睡活をはじめた|自分の眠りをデータ化して理想の良眠を習得。

スポンサーリンク

睡眠って上手にとれてるのか…?
思えば、人の睡眠にそれほど興味がなかった。

でも、自分の睡眠は良いのか悪いのかも気にしてなかった。
どうせなら睡眠の質を上げて、いつでも良い睡眠をとりたい!

そう思い立って眠活を始めたハンキチ(@_hankichi)です。

 

 

寝ることが大好き。毎日のことだもの。
せっかくなので、気持ちいい眠りを毎日とりたい。

とはいえ、睡眠中は自分の意識が飛んでます。無意識です。
さらに、学術的に語られるものは、どれを信じて良いのかイマイチぱっとしない。

それならやってみる。体験談をまとめ、自分にとって1番だと思う、
そんな記事を書いていきます。

 

>>>関連記事>>>👇コチラも良ければ読んで欲しいです!
追いかける目標の作り方!やりたいことやって、なりたい自分に。

 

自分の睡眠データを取る!最強の目覚まし時計。

 

まずは、自分がどんな眠り方なのか知る。

使用しているアプリはコレ👇

 

  • 自分の眠りを分析し、データをとることができる。
  • 目覚めの良いタイミングで起こしてくれる。
  • データを世界中の人と比べられる。

 

メチャクチャにうるさい目覚まし時計を2個セット。
それでも起きれなかった。でも、
こんな音で起きれるのかってぐらいのやさしい音です。

もうずっとこのアプリに朝は頼ってます。
ホントに寝坊はしなくなりました。

今までは、目覚ましに使うだけ。
決めた時間に起きられれば良かった。

でも、このアプリで見られる統計データ。

毎日を眺めていると、いろいろな寝方を見られます。

寝付きが良かった日。
熟睡できてんだろうなって日。
夢はこの時間帯に見てたのかなぁって日。

これが実際の統計データです👇

 

 

ここに出てくる快眠度
いつも50~70%を行ったり来たりでした。

睡眠傾向というトコを見ると👀

オランダは平均78%というかなり高めの数字。

ふと、良いなぁって思う。

………………………………………オレもやろ!

そんな流れで睡活スタートしました。

 

>>>おすすめ記事>>>さくっと新しいスキル習得!
20時間でたいていのスキルをインプット。コレ、おもしろい!

 

スポンサーリンク

睡眠に関する情報|検索結果の上位を眺めてみる。

 

『睡眠』で検索すると…

  • 自律神経を整える
  • 体温の調整
  • 入眠から90分後に訪れるレム睡眠が大事
  • グロースホルモン(成長ホルモン)の分泌がこの90分間に多い
  • 成長ホルモンが細胞の働き、新陳代謝の促進などを行う
  • 睡眠はリズム。寝覚めは日光を浴び覚醒
  • 最低6時間の睡眠をとる
  • 就床時間と起床時間のセット。まずは起床時間をセット!
  • 寝るまでの体温コントロール(入浴などについて)

 

だいたいこんな情報が出てきます。

り、理解はできる😩
でも、一気にやるのは難しい

そもそも好きなようにやってきた。

眠りたい時に寝たり。
明日のために、そろそろ寝ないとだったり。

良さそうな情報を取り入れるのは、普段の生活を変える。

簡単そうだけど、楽にできないことも多い。
そう、せっかくなら簡単で、自分に合ったやり方が良い!

 

>>>お気に入り記事>>>自分のための1番やりたい記録の付け方。
蛇腹手帳がすこぶる役立つ|今の点を書き留めて、先の点と結ぶ!

 

理想的な睡眠を手に入れる|最低限やる3ステップ!

 

自分が思う理想の睡眠とは…

  • 寝付きが良い
  • 疲れがとれる
  • 目覚めた時、ポワ~っとしない
  • 体に苦痛がない

ここにスポットを充てます。

体と心の回復がどれだけできたか

つまりは、睡眠がどれだけ回復力になったのかがポイント!

 

STEP1|ほどよく疲れる!

 

言うまでもなく、刺激です。
疲れがないと回復が感じられません。

1日の疲れを上手く取る。
簡単に言えば運動です。1番のおススメはスクワット。

いろんなスクワットがあります。強烈なスクワットじゃなくて良いんです。
正しく、キレイなフォームで1日に50回。いっぺんにやらずに1日でやる回数。

お風呂でやってます。体を温めてからのスクワットがおススメ!

 

STEP2|グイグイほぐす!

 

かなり重要なのは体内の巡り。
血の巡り、呼吸です。体の隅々まで巡らす大事な要素。

でも、カチコチに凝り固まったところをスムーズに進めますか?

体の中も同じです。なのでストレッチなんですが、ほぐすんです。
柔らかい脂肪もグイグイにほぐす。こねる。

手だけだと疲れるので…👇 フォームローラーがおススメ!!

 

びっくりするほど気持ち良いです。
というより、体をほぐすって意味がわかります。

コロコロするだけ。いろいろな種類や色もあります。
自分のお気に入りを探してみて。

👇 Amazonで¥1500ぐらいから手に入ります!

 

STEP3|気持ち良い寝床の準備!

 

寝る場所はなによりも大切!
疲れたから、そのままバタンキューってしない。

横になった体のくぼみをしっかり支えてくれる寝具を揃える。
自分に合うカタチを選ぶのは良い眠りにつくために。

そんなにお金をかけなくても案外良いモノに出会えます。
ニトリや島忠などのホームセンターで売ってる。

ついつい触ってしまう寝具コーナーを覗いてみるのも楽しい時間。

ベッド好きですが、マットレスと枕だけは少しこだわりました。
枕は少し固めが好き。高さはそんなになくて良いですが、頭が沈む具合を
何度も確かめて購入。それでも¥3,000ぐらい。

とてもおススメですが、マットレスは気になる方だけ見てください。
👇 こちらの広告から詳しい商品内容がわかります。

 

▼最高に気持ちよく眠れたオススメのマットレス。疲れを感じやすい人にはぜひ!

寝て、きちんと回復できるって凄いスキルです。
まずは、自分の眠りを知ることから。
自分の眠りのイメージをより良いものにするため。

しっかり回復して、明日も頑張る!!

▼共感などありましたら、ぜひコチラからシェアを!!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

『自分の素直に勇気を出して 〜告白からよがり声まで〜』みたいに 生き方をもっと楽しもうとするブログです。楽しそうと感じたり、気にとまったコトだったり、忘れたくなかったりした「お、これは?!」を記録してます。なにより自分が楽しむ記録です。共感ありましたらシェアお願いします!