働くって考え方を教えてくれる場所があったなら…。ないから書いてみたってお話。

スポンサーリンク

さぁ夢をみよう、語ろうよ! …ここまでは、良いんだ。

 

まだ幼かった時に、夢を書く。多くの子らが書く。

 

「しょうらいのゆめ」

こんな見出しで、落書きでもなんでも書いていた。

 

コックさん!

1番古い記憶で、覚えているのは…たしか、こう書いた。

 

おまわりさん

スーパーサイヤ人

パイロット

まだまだいっぱいあった。

 

大人になった。
振り返ってみると、やってきたことは
まるでカスリもしないことばかり。

 

これは、下手な生き方だからってのは言わずもがなですが。
でも、夢ってもっとバカげたレベルで語っていーはずだった。

夢は見るものだけど、選ぶ範囲まで、いつからか決まってた。

 

この枠の中から選んでね。

 

その中でしか考えなくなる。
そんな周囲の流れのような空気が漂うのを、子供らは察知していく。

 

スーパーサイヤ人は、そーゆー意味でみんなに夢を与えてくれたんだよな。
許容された枠のなかの夢の1つ。少しだけヅレると止められる。
その夢に許容された「スーパーサイヤ人」は、やっぱりSuperだった。

 

マンガって、虚のイメージを膨らませつつ、実を盛り込んだ最高の夢を見させてくれる。
ワクワクする、楽しむ、夢中になる、真似したくなる…。

そんな夢があった。漫画ってすごい…ありがとう。

 

スポンサーリンク

枠の外にある夢を選ぼうとするのなら…さ。

 

大人は言った…。
そんなんで食っていけると思ってんのか。
なに甘っちょろいこと言ってんだ。
真面目に考えろ。

 

子を持つ親の立場になってるから、わかるコトバもあるんだけど。
それでも、もし自分が夢を開拓して、その道を切り開いた1人の大人だったら…と考えると、
こんなコトバを子供たちに言うのか。きっと言わない。

 

考えることは大事。

 

それと、現実を理解するのも大事。
でも、バカをやる。
その夢は世間の枠の外にあって、こんな働きかたもできるかも…と
新たな職業として、働く方法やら、稼ぐイメージやらを教えてあげたい。

 

そんなことを学校でも教えてくれたら、みんな楽しくなるのかな。
高校生なら楽しくなってワイワイやれるんじゃないか。
というより、大人としてもそこに交じりたい。

職業の数が約3万。

この枠外の職業はどんどん膨らんでいってる。
やれることなら、身近な枠内で選んだことと、枠外の希望を
どうやって結びつけるか。

そんな夢を真剣に語れる大人がもっといても良いのに。

 

学能と職能のボーダーラインにヘンテコな壁がある

 

学問は大事。

教養が伸びて、心が豊かたになって表現の幅も広がる。

これらは職業と直結するのではなく、その人となりの結びつきが働くに試される。

 

試される…のは良いのだけど。
試されるのは、周囲が学んだいまの社会の常識でのものさし。
これまでの大人たちが築き上げてきた、良いと思えるコト。

 

これまでに感じ、やっていきたい考えは、まずは閉まっとけと
言われんばかりに社会人を刷り込む毎日。
たいがいはそんな働き方になっているんじゃないか。

 

職能としてのレベルもハッキリある。
稼ぐ力や嗅覚、センスみたいなものは簡単に身につくものでもなく
ある人、ない人もハッキリしている。

 

正直、邪魔なことしかしないヤツもいる。
働いてる風にしてるヤツも、すぐに逃げたりするヤツもいる。
そんな中で、はたらくって改めてなんだろうって考えだす。

 

この辺でいいのかもって思ってしまうこと。
このままがいいやと感じてしまうこと。
変化に不安を抱いてしまうことも。

 

学んできたけど、通用しない。
通用するんだけど、まずは…と、足並みを揃えさせる。
どちらにしても、おかしな壁があって、互いに交流を邪魔させる。

 

ヘンテコな壁がある。

 

なぜはたらくのかって??
疑問をもったら、その概念からもみ消してしまえ!

 

なんで働くの?

お金が必要だから?

生きていくため?

欲しいものがあるから?

しあわせになりたいから?

ひとのため…に?

 

理由なんてどーでもいーんじゃないか…。

 

夢中になれるものや、楽しいと思えるものなら、文句なし。
夢が叶ったとか、昔からやりたいと思ってたこと、でも文句はない。
お金が欲しいなら、職業を選択するだけではなく、稼ぎ方を学ぶ。
結局はなんでも良いと思える…お金があれば。
逆にお金があったら、はたらく以外にいろいろ考えて動ける。

 

お金は必要なんだよね、生活するのに。
理由なんてなんでも良くなってくる。夢中があればのめり込むし。
はたらくって意思は、理由なんて関係ない。

 

お金の亡者になれってことでもない。
必要な分だけで十分。それ以上でもそれ以下でもない。
必要な分は人それぞれ。

さて、今日もはたらくのかな。
オマエの時間は有限だ。限りがあるんだ。
貴重な時間なんだ。

 

はたらくのなら、お金だけを稼ぐな。
できることをどんどん増やして、できないことでも真似して、
自分のカタチをグイグイ変えて、はたらくって意味をバッキバキに変えてしまえ。

 

世の中になぞるな。
自分で考えて、それに委ねて、時になぞられて…
変わることを面白がって良い。

 

それこそがはたらくってこと。
変わることで、自分を守ることもできる。
はたらいたら、面白いことへ繋がっていくもんだ。

 

ほいじゃ、またね。
また変わるけど、ここの話は。
感じることは、今日と明日は変わって良いし。
言ってることも変えて良いんだ。はたらく…か。

▼共感などありましたら、ぜひコチラからシェアを!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

『自分の素直に勇気を出して 〜告白からよがり声まで〜』みたいに 生き方をもっと楽しもうとするブログです。楽しそうと感じたり、気にとまったコトだったり、忘れたくなかったりした「お、これは?!」を記録してます。なにより自分が楽しむ記録です。共感ありましたらシェアお願いします!