週末、疲れ切って元気がない。そんな時はこれを見てください。

スポンサーリンク

週末、やっとのお休み。
でも疲れ切ってしまい、ただ眠るだけの日になっていませんか。
起きたら、また同じような毎日の繰り返しが待っている。

そう思うと元気が出ない。せめて、次の週もなんとか切り抜けるための体力を…と、
せっかくの休日を布団の中で終わりにしてしまう。
自分を大切にしているようで、負けてしまってる。もったいない。

そんながっかりの自分を、気持ちよく奮い立たせてくれるコトバを紹介します。
宇宙兄弟』という大人気漫画。連載10年を超えた、メチャクチャおもしろい作品。

作中に『金子シャロン』という天文学者が出てきます。
シャロンが主人公達たちの背中を押すコトバや励ましが、名言となり
読者の心を強烈に引き寄せます。とても魅力的なキャラクターで、優しく包み込むように
気持ちを励ましてくれる。

この週末は、布団に包まりながらでも、自分の心を優しく励ましてみませんか。

 

1.まずは音を出して

 

「今のあなたにとって……一番金ピカなことは何?」

好奇心、興味、楽しい。挑戦。
たくさんある選択の中で、より難しいことを選んだ。昔はそんなこともありました。
もちろん、その中で1番魅力的に感じた『金ピカ』な色。見てくれで選んだこともある。
どちらにしてもいいこと。いまの自分も、昔の自分も、まずはやってみないとわかりません。
やってみないことには、なにも始まらないんです。

 

スポンサーリンク

2.理由は、それでいいんです。

 

「悩むならなってから悩みなさい。」

やっていいのか。自分にできるのか。このまま進んでいいのか。
何かを目指す、目標をつくるとき、明確な意思や理由がないとダメだったりもします。
意思などが強いと迷いが少なく成功への可能性が上がるかもしれません。

ただ、人と同じ理由でも、自分で考えたならまったく問題ないんです。
ホントにいいのかなぁ…と考えるなら、なってから悩むんです。
そこから先の役割は、人それぞれあるんですから。

 

3.視点を少し変えるだけでいい。

 

「我々天文学者には遥か遠くまで行く力はありませんが

〝遥か遠くを見る力″なら我々に勝る者はいません」

私には強みがありません、無理です。勝ることが思いつかないです。
その通りかもしれません。だって、ダメなことばかり見ているから。

自分のできることを評価するって、少し恥ずかしく思っていませんか。
少しづつでいいんです。自分のできることを見つけてあげる自分になりましょう。
続けてみてください。楽しんで探してください。素直に楽しめることは大きな力になります。

 

4.ドキドキって音じゃないかもしれない。

 

「もしあなたが何かの瞬間抑えきれない心臓の高鳴りをきいたら―信じてみてください」

子供のときは、たくさんの『ドキドキ』があったはず。
かっこいい、すてき、うおぉぉっ、どんな声を出していたのでしょうか。
ドキドキした時の自分。大人になってからは、無くなってしまった…。

いえいえ、あるはずです。
そのドキドキした音を聴き逃している可能性があります。
恥ずかしいとか言って、わざと聴こえないフリをしているかも。

いくつになっても、心臓の高鳴り。自分が出した音。素直に信じてみませんか。
なにかできることが、楽しめることが、やり残したことがあるかもしれません。

 

5.自分を1番に楽しんでください。

 

「ムッタが夢を叶えられたのはあなたがあなただったからよ」

夢をみるのも、叶えようとすることも、苦しんだり、喜び、悲しくなって、それでも…
立ち止まらずに、進んでこれたのは、自分だったから。

残念なことに叶わぬことも、悔しがり、失敗し、諦めてしまった…
だけど、また新しい出会いがあった。見つけられたのは、自分だったから。

アナタだったからなんです。
自分のことをもっと見て、楽しくさせてあげませんか。

▼共感などありましたら、ぜひコチラからシェアを!!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

『自分の素直に勇気を出して 〜告白からよがり声まで〜』みたいに 生き方をもっと楽しもうとするブログです。楽しそうと感じたり、気にとまったコトだったり、忘れたくなかったりした「お、これは?!」を記録してます。なにより自分が楽しむ記録です。共感ありましたらシェアお願いします!