20時間でたいていのスキルをインプット。コレ、おもしろい!

スポンサーリンク

POINT
●やりたいことはどんどん増やす。
●埋もれてきたら、その時に興味があることからやる。
●時間をかけても20時間…いつも時計と一緒に。
●その成長こそがなによりの価値。

 

こんにちは、ハンキチ(@_hankichi)です。
先日、情報発信術が専門のブロガー「八木仁平さん」がTwitterに
コチラの本を紹介してました。

興味湧き上がって…すぐ読みました。
そして、自分ですぐにチャレンジ → スキル習得の考え方を修正中。

スゴいな、たいていのことは20時間で習得できるって。

スっゴいことだぞ!

まー、半信半疑な気持ちで読みました。
そんな自分が検証しつつも、何を得られたのか…ココでまとめてみます。

 

やりたいことは何か?

 

以前からフリック入力ができるようにと考えてました。

スマホで文字を入力する時のストレスを減らしたかったからです。

頭に浮かぶアイデアや想い、
考えなんかを移動中や思いたった瞬間にできるだけたくさん書く。

そんな時に限って、出先だったり…
トイレの中でスマホいじってたり…

触っているのはスマホが圧倒的に多い。
逆にパソコン頼りが多いとストレスになる。
スマホでできることをどんどん増やしたい。

ただ、これまでの長年の癖…。あいうえお順でボタンを数回押しながら入力する方法を、
まぁまぁの速さだと勝手に思い込んでやっていました。

遅かった。思ってる以上に遅すぎた。いや、早い人が結構いる。
そこで、スキル習得のお試しにちょうど良いかなと思い、フリック入力にします。

①魅力的なプロジェクトの選択
②1つのスキルに集中

これで、①と②はクリア。

 

目標までの距離

 

次は目標の位置。
本の中で言ってるのは、ひとまず嗜めるレベル。
ひとまず、頭で考えたコトバをつっかえないで打てるようになる。

フリック入力については、どんなものかも知ってるし、
つっかえないで打つことが目標なので、細かくは飛ばします。

ツールの入手は、以前からアプリを入手してました。

 

おすすめ アプリ
練習に最適なフリック入力アプリ midtown「フリック ファン!」

 

③目標の明確化
④目標を細かく分解
⑤重要なツールの入手

これで、③④⑤もクリア。

 

実際に時間を費やしてみて

 

あと5個…

⑥練習の障害を取り除く
⑦練習時間を確保
⑧フィードバックがもらえる仕組み化
⑨常に時間を意識
⑩量と速さを重視する

集中して練習できる時間って、以外と…なかったです。
自宅は、誰かがテレビ見てるし、愛犬はかまってと甘えてくる。
ふっとしたタイミングで呼ばれたり…。

職場だと何となく視線が気になる。
たまたまだろうけど、スマホいじってるとちら見してくる人がいる。

集中するリズムを大いに狂わせる。
これじゃ手が止まってしまう。意識がブレる。なので、20〜60分の時間を
絶対に邪魔しないでくれと(頼める場合は)頼んでみました。

それが叶わぬ場面ではやらない!
独りになるタイミングは、できるだけフリック入力の時間にするようにした。

イヤホンも必須。👈 コレ超重要!
外部の音を遮断して、自分の時間、意識に集中できるようにしました。
好きな音楽をかけて、リズムを作るってものすごく大事。
ノリノリになってしまうんじゃなくて、集中できる音楽がPOINT。

朝が強い人は早朝もおすすめ。
それと、通勤の電車。満員電車に揺られない人限定かもですが。
以外にツボったのが、新幹線でした。
周りにいる人もパソコンやらスマホいじってるし、
気にならずにコチラも集中できた。

時計は必ず近くに。
腕時計がおすすめです。タイマーがついていると、とても楽ちん。
ひとまず20分間、ひたすらに集中してこなしまくる。

これ安くて重宝してます👇

 

いけますよ、この方法は!

 

とてつもなくレベルは低い話…かもですが。
実際に試してみてあきらかにレベルはあがりました。

1回目の20分で…

1分間に83文字打てました。

続いて、2回目の20分間で…

91文字達成!

このあと2〜3回集中して練習しましたが、2級や1級を行ったりきたり。
初段に達してからは、1級をキープできるようになりました。

ただし、実際に記事を書きながら速く打てるようにすればいいや…と考えるのは違いました。
考えながら書く。普段から意識を持って取り組めば…は、できません。

あくまで練習を数多くこなすことが大事です。
普段のメールやLINEのやり取り、Twitterなどの短文で練習もできるんですが…
考えながら打つとスピードが上がりません。
レベルを維持する程度にしかならない。

集中した練習があって、数をこなすことが成果の出るレベルアップの方法でした。

 

まとめ

 

スキルの習得には様々なジャンルがあります。
自分の好きなこと、やりたいことをして、楽しみながら自分の成長を感じることは
とても嬉しくなれる体験です。

日常から20時間を確保するには、以外にも大変です。
睡眠時間だけで、8時間だとすると…残りは16時間しかありません。
家事や仕事を差し引くと…アナタだけの時間って2時間あれば良い方だと思います。

2時間まるまる使えて10日間。

そんなに上手いこといかない…かもしれませんが。
やらないことには、なにも始まらない。

始めたら、自分が変わるんです!
スキルも身につく!

まずは、自分のやりたかったことたくさん増やしてみませんか。
そのスキルが20時間で身につけられるとしたら、自分ってスゴいできる人みたいに
感じられませんか。

やり方次第でいけると気がつけました。
いろんなことに挑戦できそうです。
眠っていたスキル、やりたかったこと、憧れていたこと…なんかも。

ちゃちゃっと嗜めるレベルに達して、楽しめること増やしましょう。
1つ1つと増やしていけると…考えただけでワクワクしてきます。

いろいろ挑戦していきます。
良いことも苦しいこともあるかもですが、これこそ半吉ですね。
さ、ちょっとプラスを添えていきましょ!

ほいじゃ、またね。

▼共感などありましたら、ぜひコチラからシェアを!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

『自分の素直に勇気を出して 〜告白からよがり声まで〜』みたいに 生き方をもっと楽しもうとするブログです。楽しそうと感じたり、気にとまったコトだったり、忘れたくなかったりした「お、これは?!」を記録してます。なにより自分が楽しむ記録です。共感ありましたらシェアお願いします!