わからんってコトバとの向き合い方についてのお話。

スポンサーリンク

わからんは突き放したらダメだ。

 

コトバの使い方はおもしろいね。

いろいろな表現ができる。
日本語って言語の強みでもあるんだよな。

 

雨を表現するコトバは、100個はすぐに調べられるんじゃないかな。
あの雨はこんな降り方だな。この雨の後はこんな天気になるなって。

互いに伝え合う時に、雨の名前ってコトバが役にたったんだね。

 

いまは、どーでもいいなって思うかもしれない。

わからんを教えてくれる人たちもたくさんいる。

ただ、覚えておいて欲しいんだな

 

わからん雨。

それを見てきた時間。

見つけた自分なりのコトバで生みだした名前。

向き合うっていうのはね

 

どーだろ、なにか感じるものはあったら嬉しいな。

わからんと寄り添うことは気持ち良いもんだ。

 

スポンサーリンク

わからんとの付き合いかたが慣れてくると。

 

ときによっては、わからんはとてつもなく恥ずかしいこともある。

 

しらないのかっ!

 

そんなみんなが知ってて当たり前を、知らない。

その当たり前ってのもいろいろあるんだよ。

難しいことはないんだけど、たまたま知らなかったなんて、生きてりゃ何かしらあるもんだ。

 

でもさ、なんでも知ってるってヤツと出会ったら、

これは羨ましいと思うことがある。

そんなことあったんじゃないかな??

 

それでも、それでもだよ。

なんでも知ってるヤツでも知らないことはあるもんだ。

 

もー、わからんから知らんっ! …よりは

 

なんでも知ってるけど

まだわからんことを探してるって方が楽しいと思わないか?

 

わからんをさがしてごらん。

 

まだまだ、のびしろがあるんだよ。

楽しめばい~さ、わからんを。

 

わからんと寄り添うのは、このぐらいの距離間でいられるのが心地良いと思ったんだよな。
わからんから離れるんじゃなくて、先に見つけてあげるんだよ。

 

さ、わからんってコトバをどう使う。

わからんってコトバとどう向き合う。

 

オマエらだけのわからんだ。

もっと大事にしてあげな。

そいじゃ、またな!

▼共感などありましたら、ぜひコチラからシェアを!!▼

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

『自分の素直に勇気を出して 〜告白からよがり声まで〜』みたいに 生き方をもっと楽しもうとするブログです。楽しそうと感じたり、気にとまったコトだったり、忘れたくなかったりした「お、これは?!」を記録してます。なにより自分が楽しむ記録です。共感ありましたらシェアお願いします!