ずっと一緒にいてあげられれば…。そう思っても叶わぬこともあるもんで。

春になりました。 いーい陽気、楽しさも集まりそうですが、 別れってやつもあるもんです。

 

おすわり!
…って、場面です。
言うこと聞いてくれて、ちょこんと座ってます。
Twitterでも活躍してくれてます、我が相棒。@_hankichiです。

なんとなくですが、しばらく向かい合ってるなぁと思えた今日の1コマ。
見つめてくるので、見つめ返してそのまま…。
家に帰るまでに思ったのが、しばらく向かい合うって…ないなぁ、でした。

ま、人となんて恥ずかしくて、そんなにできたものではないですけど。
春になって、外の温かい陽気に誘われやすくなり、楽しいこともある気がする。
あったらしー発見があって、嬉しくなったりするかもですが。
お別れがあるんですよね、春は。

一緒にいてあげられたら…と、近すぎず、遠からず。
寄り添うけれど、ベタベタじゃなくて。
支え、支えられたりもするけれど、ずっとはいられない。

あぁぁ!
あれです、狛犬みたいな関係ですね。
そんな間柄のお仲間っているのかなぁ…。

ジブリの音楽きいて、 余計に「もやもや」って湧いてくるものがあるもんで。

なんでしょ、ひとまず「ジブリ」。
そんな時ありませんかね。

私は「紅の豚」がどうしても好きでたまらぬ時がありました。
「天空の城ラピュタ」になったり、「千と千尋の神隠し」になったり。
あ、「ルパン三世 カリオストロの城」も忘れてはならぬでした。

浸りたいんですかね、浸りたいんですよ。
誰しもそんな時はあります…って。

「帰らざる日々」
って曲があるんです。
おそらく聞いたことがある方が多いはず。

すっかりひたひたになってしまって…。
いろいろあるもんですね、ジブリパワー、久石譲パワーは絶大です。

すっかり盗まれました…あのシーンが蘇ります。

「あなたの心です!」

もうひたひたなまま眠りにつくことにします。
春です、明日も楽しいことが半分ついてきますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました