【必読の本】伝えることは『思い出せる』こと

Blog(未分類)
Amazon.co.jp: コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術 eBook : 阿部 広太郎: 本
Amazon.co.jp: コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術 eBook : 阿部 広太郎: 本

 

こんにちわ、ハンキチです😁

  • なかなか話が伝わらない
  • もっと想いを伝えたい
  • なぜかオススメが人に響かない

こんな悩みよく聞きます→探しました😤

阿部 広太郎 著
心をつかむ 超言葉術

なんともソソられる本を見つけました😊

響いたところ簡潔に紹介していきます
よろしくお願いします👍

スポンサーリンク

相手に伝えるのは→ 「思い出せる」こと。

真っ先にお伝えしたくなったこと

タイトルにもありますが、

相手に伝えるのは→

 

『思い出せる』こと

 

これは

『お〜〜っ!』、と

頷いてしまいました

確かにそうです😤

 

今日を振り返り、思い出せること→

『な〜んにも印象にありませんでした』😳

これじゃ寂しすぎます

けれど

意外と思い出せない

多いんですよね、思い出せないこと😁
逆に言えば、覚えていないんです

思い出せないのは→

 

覚えてない

 

情報の量が多い、少ない→
関係なく思い出すことって

かなり絞られます

相手に思い出して欲しいから

覚えてもらえるように

話をするって機会がほぼない

新たな気づきです

おもしろい本です😤

 

さらに
もう1つ印象に残ること

阿部 広太郎さんが
『心をつかむ 超言葉術』の冒頭で
紹介されていたこと

 

Amazon.co.jp: コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術 eBook : 阿部 広太郎: 本
Amazon.co.jp: コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術 eBook : 阿部 広太郎: 本

 

言葉の根幹
I love youである

 

この言葉
ちょっと驚きです❗️

本の冒頭から
いきなり興味を惹かれます😁

 

いまのアナタなら

『I love you』

→なんて訳しますか?

 

『アイ ラブ ユー』とは、

アイ
→自分を知ること

ラブ
→人と人との関係とは何か

ユー
→自分から見た相手を知ること

 

夏目漱石の教え子が

『アイ ラブ ユー』を
「我 君を 愛す」と訳してきたところ

『月が綺麗ですね』

とでも訳しておけ!

そんな都市伝説があるようです

 

アナタなら何て訳しますか?

このエピソード
私もとても好きになりました😊

 

ただ相手を想う→ 正解や不正解だけじゃない、 伝え方がすべて。

良い話、おもしろい話
嫌なはなし、怖いはなし

どんな話でも忘れてしまっては
まったく意味がありません

(あ、雑談は別ですよ)

 

心をつかむ、相手に伝わるというのは

 

相手が思い出せる話です

 

普段から意識して
相手に思い出してもらえる話をしてる

そんな人と会ったことがありません😐

そりゃ、伝えたいときに伝わらない
心にしみました😅

 

日本語はとてもむずかしい

例えば…
相手を褒める言葉を英語と比較すると

ボキャブラリーが少なく感じます

文化の違いなど
多くの要因も絡みますが

喜びを周囲と共有する習慣がなく

謙遜する、そっと胸にしまうことが

美徳とされる日本人の特性だからでしょうか

 

エスカレーターに乗って
すれ違いざまに、着ている洋服を

『cool』なんて言われたら

嬉しくなりますよね😊
(びっくりもしますけど…)

 

んじゃ、
やってみろと言われると

難しい

『す、ステキ』ですね😐

ぐらいしか出てこない

ステキ以外の単語を知らない

そんなこともないけれど
出てこない😢

ステキ以外で言葉を探すと…

可愛い
可憐
華麗

言葉を出そうとすればするほど
意味がこんがらがりわからなくなる

 

かなり多い「あるある」だと思うのですが
私も読んでいて「ドキッ」としました

言葉を探すとき
意味の正解を探してします

 

『褒める』という意味から選ぶ

 

自然と、褒める言葉は→この枠の中から
そんな枠を勝手に決めているんです

やっていませんか?

 

阿部 広太郎さんが教えてくれたのは

好きな人に→

 

『これ、半分あげよーか?』

 

この言葉、
場面や使い方を少し工夫すると

好意を伝える意味に変化できます🥸

 

先程の『cool』もそうで

『その洋服冷たいよね😉』

そんな意味で受け取らないですよね

 

なるほどなぁーと🤔

 

言葉の意味→
ここではコレが正解とか
この場面ではコレは不正解だから使わない

そんな枠で会話するのではなく

 

アナタなら
なんて伝えますか?

 

この伝え方が大切でもある

前後の会話もあります、が

言葉のボキャブラリー
少し増やせそうな気がしませんか😉

 

相手に伝わる意味って

いろいろと考えが広がりますね(^_^;)

 

文字に矢印をこめる

最後にりますが
私が勝手に解説したくなったことを紹介

ある時期から
言葉を書くときに

「→」って

便利だな、と思うようになりました

単語と単語を繋げる役割

文章を書くことへの
冒涜と言われそうですが

感覚を大事にした結果でもありました

 

道案内で
よく書いたりするのですが

ゴールまでの道のりを

 

スタート

ポイント1

ポイント2

ポイント3

ゴール

 

事細かく書かずに
相手に自由に考えてもらう

相手の考えを尊重させる

こんな場面のとき

文章に→を入れて書くことが
増えていました

 

阿部 広太郎さんの
『心をつかむ 超言葉術』の中で
紹介されていたこと

 

Amazon.co.jp: コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術 eBook : 阿部 広太郎: 本
Amazon.co.jp: コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術 eBook : 阿部 広太郎: 本

 

文字に矢印を込める

 

こんな見出しが3章にありました

紹介される内容は→を使うのではなく

言葉に矢印を込めて使う内容が
書かれていました

 

少し意味合い的にはズレてましたが

言いたいことは一緒で
考えが被っていたところで

とても嬉しくなりました

 

話を伝える

めちゃくちゃシンプルに考えると

 

思い出してもらう

 

表現する言葉も

その場面で使わなくてはいけない
そんな言葉のルールにとらわれないこと

違う言葉で表現するとしたら、を考える

思いを込める

 

試してみてはいかがでしょうか?

覚えてもらえたら、アナタの言葉に

超言葉術

かかったのかもしれません😁

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました