幼なじみよ、君にもお礼を言いたい。

ありがとう
ありがとうを届けます。
ひとまず頭に思いついた幼なじみ。
ありがとうを伝えたかった記事、特に旨味ナシですが…どうぞ。
スポンサーリンク

あの年 あの時 あの場所で

幼なじみとわかったのは 生まれてから ずっと後のことだった
写真を見ながら こんな小さい時から 気がついた この日も 一緒に遊んでたよね

あの年に 生まれていたから
僕らは一緒に 成長できた いつも遊んで たくさん泣かされもした

あの時は どれだけ あることか
良いことも 嫌なこと 楽しかったとこ バカをやったことも

あの場所は 君との共通するところ
でも あの年から 始まっていなかったら あの場所は なんでもない場所なんだよね

子供のときは ずっとこの時間が続くはずだったのに
途中で 君はとなりの街へ引越してしまった 会う時間が減った

それでも続いた 僕たちの時間 進む道も 大きく変わった
それぞれに仲間が増え 恋愛も重ねて もっと会える時間は減ったけど

同じような失敗をした 似たような経験も増やした 興味や趣味も 似たり寄ったり
もうしばらく会えてない あの時間のように 語り合うこともない

代わりに仲良くなってるのは 母親だ
2人は互いに 遊びにいき 息抜き いまでも仲良く 付き合ってる

幼なじみ 本当に ありがとう
君がいてくれて 自分だけでなく 母親も 嬉しい時間を過ごせてる

何年ぶりになるのか また 会う約束ができました
この騒がしい 悲しい状況が落ち着いたら ゆっくり飲みながら お礼を言いたい

それまで コロナに負けるな さっさと仕舞いにして 1本締めしようぜ

コメント

タイトルとURLをコピーしました