じぃじ・ばぁば、ありがとう。

ありがとう
祖父母との時間がほとんどなかった。
お礼がしたかった、けれどできなかった。
だから、言いたかったことを記事にした内容です。
スポンサーリンク

アナタたちがいたから 私は いまを 生きています。

だれでも 祖父母は最低でも4人
だけど 会ったことがあるのは 残念だけど 1人だね

私のじぃじ この言葉を 直接 アナタに伝えることは できなかった
でも聞いて 心の中や夢のなか 想像や独り言では 割と言ってた気がします

会いたかったなぁ 話もしたかった 知恵も教わりたかった
けれど アナタがばぁばと出会ってくれたから 私がいます これが1番 ありがとう

私のばぁば この言葉は 直接 言えたのは アナタ1人だけ
でも 会える機会がほとんどなかった 数えるくらいしか 言えなかったね

もう1人のばぁば アナタにも会いたかった
生きていたら とんでもなく 可愛がってくれたって みんなが言ってたよ

アナタたちの 親の時代 その前のこと 知りたいこと たくさんあったんだ
私の子供たちが じぃじ・ばぁば と 遊んでます 何かを教わったりしてると やっぱり羨ましい

もし 私にも 孫ができたのなら
とびっきりファンキーな じぃじになってあげようと思ってます

自分の人生を とびきり楽しめる方法を 教えてあげられる
そんなじぃじに なりたいと思っています アナタたちはどう思っていたんでしょうね

歳を重ねるごとに 考えさせられます
こんな時 じぃじ・ばぁばだったら どうするのか なんて言うのか

いまは こんな風に考えてるけど アナタたちも 似てるところあったのかなんて
今となっては 確かめようがないけれど でも きっと似てるとろはあるんだろうな

ありがとう 直接 言いたい 会いたい
アナタたちが生きていてくれたこと すごく嬉しいです

会えないけれど 忘れません
話したことないけど 感謝してます 本当にありがとう

コメント

タイトルとURLをコピーしました